PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラサク

sakura

花咲けど我が身咲かぬはこれ如何に


ぱっとしませんな。

週末の歓送迎会等で、鯨飲馬食を展開したお陰で、胃腸の調子悪し。もう、歳なんで、最後まで付き合う必要ないのに....。
弱った、胃腸を労りつつ昼食。掃除・洗濯・クリーニングやって脱出。

市内を抜ける内に、あちこちで桜が爆発している。草木に疎い私だが、この花は嫌でも目に入る。桜という花は、日本人には独特の感慨があるのだろうが、私はこの花に狂気を感じる。桜の樹の下には死体が埋まっていると言ったのは誰だっけ?集団発狂的に咲いて、集団自殺のように散っていく。おかしな花だ。

狂乱の開花をスルーしながら郊外へ。本命河川は増水している。上流の支流行って岩魚という手もあったのだが、ダムのないA川の山女に逢いに。

一度、上流まで瞥見して、集落の外れまで戻る。ここから、歩いて降りるわけだが、何時もの事だが何処から降りるのか、忘れてしまった。大した落差も無いので、気合一つで何処からでも降りれるのだが。逡巡している内に、何時もの犬が放し飼いにしてある家に到達。これも、来てから思い出すのだが、ここの犬、極悪。自身、怪しいのは自覚しているが、この犬ころどものシツコイこと。発見スルやいなや、集落の外れまで執拗に吠えながら憑いてくる。犬は嫌いでないし、怖くも無いのだが、コイツラは腹に据えかねる。途中真っ向うダッシュして威嚇したりするのだけど、一瞬怯むが多勢を良い事に(三匹も居やがる)また攻勢に乗じてくる。写真に撮っておけばよかったのだが、コイツラの犬相の悪いコト悪いこと。可愛げの一塵も感じられず。飼い主に似たんだろうな。犬の一群と戯れつつ、入渓。濁っていない迄も、増水気味。

stream1

流れによろめきつつ、ニンフをキャスト。増水のためポイントが少ないながらも、ポツポツと釣れる。

R指定1

しかし、全て「R指定」の幼魚ばかり。その内ようやく、成人魚が釣れるが、ランディング・ネット翳してたら、「ペン!」とフックアウト。また釣れるだろうと思っていたが、相変わらずロリータな魚体ばかり。

R指定2

iPhoneで撮ったら、指写ってるし。

絶妙なポイントで、アワ切れをやっちまったので、ティペットを継ぎ足そうとおもってベストをまさぐり糸を引き出すとー。10cmぐらいで事切れるではないか。VARIVASのティペットをグレード別に用意してたハズなので、下位グレードを探す。と、これも5cm程度で事切れる。更に下位を引き伸ばすと.....。「ナイではないか!」

ぐったりして、もう7Xで良いや!とラスイチのハーズ・イヤー結び直そうとして、毛鉤を摘んだ処、落としてしまう。毛鉤は完全に地面と擬態して発見できず。しょうがないので、先週のバチ抜けハーズ・イヤー結んで流れに放り込む。しかし、釣れてくるのはオコチャマばかり。増水の渓の遡行に疲れ、自分の準備の貧相さに疲れ、あほらしくなったので16:00で納竿。もう、ニンフの地味な釣りには飽きた。第一、これじゃあ集中力が持続できない。

痛快・爽快・話が速いドライフライの釣りを早くしたいもんだ。
スポンサーサイト

| Fishing | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/109-9e9bb4a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。