FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Jack Frost



冬将軍来る。
(すみません。今回だけ、サムネイル小さいです。)


お寒うございます。昨今の寒波で更新が延滞しておりました。先週末。前回の記事にクイック・レスポンスして頂いたK島さんより来富の連絡。富山のヒカリを本格的に解明するのだ。崇高な大義名分なのだが、本当は喰いたい。なんで、サクッと釣るための準備は万端。

20121209_2.jpg

ヒカリに効くと謂う銀系のスプーンを前日に買い足した。前回Flyでと宣言したが、新たにタイイングするのが面倒なので、FlyBoxにあるもので勝負と謂うことで。K島さんの今回の来富の目的は他にもある。我々の宿り木であったこの店が近日中に閉店するからだ。

20121209_1.jpg

富山に集う私の友人達が、釣りの後の空腹を満たし、富山湾の新鮮な幸を味わい、釣行の後の一献を交わし合った場所なのだ。名残惜しいことである。

平日のネタの充実度を図って、早々と金曜夜に突入。旬の肴を頂く。
香箱蟹。

koubakokani

かわはぎ。
Photo By Kawashima

かわはぎ

これを、左にある肝に身を巻きつけて喰ったら、悶絶。いやはや。M先輩が精魂かけて釣るワケですな。下戸の先輩には悪いケド激旨。酒がすすむワケです。

翌日、冬型の気圧配置の予想通り凄まじい暴風雨。

20121209_3.jpg

ははは。としか言いようがない。周辺徘徊するが、結局此処に。

20121209_4.jpg

温まるしかないのだ。むやみに広い露天風呂で熟考する。「明日わー。」そんな、懸念を背負い込みながら、本来なら釣り上げたヒカリを持ち込むべき此処へ。寒いので、おでん各種と何時もの白エビで。

IMG_0284_XX.jpg

熱燗がすすむわけです。釣りできないストレスも相まって暖簾まで。徒歩で帰宅が、結構危うい。

帰り道

翌日、冒頭の天湖森へ。しかし、深雪のためライズなどありゃ~せん。腰までラッセルで前回釣れた箇所に到達するがアタリ無し。手前でやっていたK島さんも同様と謂うことなので納竿。次回、天候が良好になった時の再会を誓い、散会。

ホンマにお疲れやんした。





スポンサーサイト

| Fishing | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/137-4d85f4ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。