PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

民宿 磯波風



日本海一望湯。


突如として雪に覆われた日本各地。皆様に於かれましては、路上でスッ転ぶコト無くご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、そんな折。流石に土曜日(2/8)は積雪凄まじく、日曜に雪が雨にチェンジした隙をねらって出撃。

以外に温泉場が多い氷見地方。サックっと行くことHit&Run。この辺は富山市から行っても金沢市から行っても、中途半端に遠い。富山市から行くと、ナビは下道を誘導するのだが、信号が面倒くさいので、高速でかっ飛ぶ。普段、社有車のオンボロ軽乗用車でとろとろ高速通勤しているので、自家用車(HONDA CRV)に乗ると意味もなく飛ばしてしまう。HONDA 直4 2.4Lのエンジンフィーリングはやはり良い。ストレス・フリーで140Kmで巡航すること、あっちゅう間に到着。もとい。道間違っちゃったのだ。調子こいて能越道・灘浦ICから七尾方面に向かって行き過ぎてしまった。軌道修正して現着。

此処は、昔(20年以上前)に忘年会で泊まったハズなのだが、全く記憶に無い。あの頃は、温泉よりHart熱く「湯めぐり」などというじじむさい趣向もなかった。歳とったよなー、などと思いながら入湯。

20140209_2.jpg

露天風呂から海が見える。

20140209_3.jpg

少々、湯温が熱いが良いお湯だ。茶色き湯の花が泉中に舞っている。顔にお湯をかけると塩分を感じる。源泉掛け流しに偽りはあるまい。

充分に湯を堪能して、脱湯。頭乾かしていると、奥の方にまだ一室があるのに気づく。

20140209_4.jpg

畳の狭い空間は心が和む。日本人の特質か。しかして、この宿の女将も其のような趣向をお持ちなようだ。

駐車場に戻る道すがら、こういうStructureを発見。

20140209_5.jpg

此処で、お湯を汲み上げているのか。「ぼこぼこぼこ」

日帰り湯とは謂わず、此処も泊まってみたい湯である(泊まったんだけどサ)。

スポンサーサイト

| Spa | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/175-a9f089fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。