PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Go West



西方に浄土ありと聞く。


ごきげんよろしゅうございます。初春であります。週末、終業後、私は西に向かいました。えぇ、捜さないで下さい。

20140316_3.jpg

アラフォーの狂走は、なんとか此処(琵琶湖の端)で終止。3時間、眠いの堪えての激走であります。

20140316_4.jpg

木曜日にK先輩から、「週末、琵琶湖行くけど、どう?」とfacebook Messengerから連絡が。週末、また富山の釣れない釣りを展開しなければならないことを想って、ウンザリしていたところ、渡りに船である。K先輩は琵琶湖に当に船を持っていて、ビワマストローリングの名手なのだ。つまり、あの美しい鱒をまた釣る事ができるのである。迷うコトなどあろうか。二つ返事で「同行させて下さい!」である。

そういうワケで、湖北の待ち合わせ場所で酒、呑んで寝ているとK先輩現る。facebookでやりとりしていたが、会うのは20年ぶりぐらいか。旧交を温めるうちに、ボート屋開店。準備して、荷物を船に放り込み、船庫からトレーラーごとリフトで出してもらい、そのまま進水(トレーラーごと)。なんか不思議な進水である。

20140316_1.jpg

20140316_12.jpg

ランプのスロープをリフトで押してもらい入水するのだ。初めての体験であるので違和感がある。

20140316_5.jpg

入江で方向転換して出発。前回も、ポイントに行くまで、ボートは飛ばすものだ(時速100k!位)と分かっていたが、今回は身の危険を感じた。船が小さいので、船首が絶えず宙に浮いているのである。(私は船首にしがみついている)船底が水面にバウンドする度に、体が浮いて湖北方面にすっ飛ばされそうになる。私と同じく船上に置かれている荷物が、吹っ飛んでいかないのをみると、大丈夫なのは解るのだが、スピード狂のK先輩のスロットル全開+殺人的なスピードも相まって恐怖の時間であった。

20140316_8.jpg

沖に出ると、生憎と天候が悪いので湖面も荒れている。三角波がダップんダップんする中、少ないアタリを取って何とかサカナをGet。

20140316_6.jpg

20140316_7.jpg

20140316_9.jpg

琵琶鱒。あらためて美しいサカナである。白銀の裸体が背に向かって銅色→銀褐色→マリンブルー→暗青色とグラデーションになる。30cm位の個体の風貌は、当にシラメそのもので、40cm位になると、琵琶鱒特有の風格をそなえる。

午後は、晴れてきたが風止まず。厳しい釣りが続いた。

20140316_10.jpg

比叡方面の連峰が威容を現す。

20140316_11.jpg

湖面に光が降りる。

20140316_22.jpg

風に身を削られつつ、暫しの安堵。

しかし、釣果は今ひとつ。なので、早めに上がり、ホテルにチェックイン。館内の「ラジウム温泉」で冷えた体を蘇生。

20140316_13.jpg

20140316_14.jpg

後は、示し合わせた通り「お疲れ!快楽一直線」20年の年月も、此処で邂逅したわけです。

IMG_1725.jpg

さて、翌朝。前夜の深酒を物ともせず5:00起床。今日は、K先輩の同好の志T氏と同行。

20140316_15.jpg

20140316_16.jpg

前日とは打って変わって穏やかな日和。空のミルク色と湖面の乳色が混じり始める。湖霧が立ち込めている。

和んだ状況だったが、アタリは少ない。

20140316_20.jpg

20140316_21.jpg

なんとか釣って、翌日もあるので帰還。木之本まで戻り、再会を誓い散会。再びハイウェイスターに。発進直後、睡魔に襲われたので、賤ヶ岳SAで休息。謎の「黒田ラーメン」を食して帰還。

IMG_1755.jpg

K先輩、Tさんお疲れ様でした。今後も、宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

| Fishing | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/177-ca38d33c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。