PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

爆発(二発目)

いわな1

いわな。デカッ!



本当は今日、東京から友人が来るハズだったが、ライブカメラの映像を見て恐れ慄いて辞退。
しょうがないので、一人で釣行。確かに普通の川はドド増水だ。でも、少し頭使って川を選べば、幾らでも釣り可能な流れはある。それで、ちょいと閃いて某川へ。初めて入る区間だが、良サゲです。なんせ一人なので無理はしない。Google_Earthで確認した楽な流れをチョイス。入渓暫くは、反応が無い。「そんなことねーだろー?んー?」とシツコク流すとぽちぽちで出る。でも、20cm位か。本気場所を流すと、「ヌゥー」と出てきてパックリ喰いました。おぉー引く引く。ビューと主流を遡るが、騒がした後、下流の落ち込みに下らせて、難なくランディング。むむっ。ちょっと大きいかな。測ってみると28cm。ちょい上を流すと再びバイト。

iwana99

なんか、一箇所に固まっている気配。しかし、どの魚もみんな太っている。意外に、雪シロの間って案外エサ食べてるのかも。その後も、順調に釣れる。ただ、ショボいポイントには、それなりの魚しかいない模様。まだ、盛期ではないので、瀬や片に魚は居ない。なので、かなりゼイタクな遡行となる。通常、盛期なら岩魚も山女も水深は関係ない。かなり、浅い場所でも魚は出る。要は、底石の配置とその場所の射光量なのだ。で、今の時期は、水量の多い所を選ぶ。こんなしょうもない場所でも出る。

ながれ1

「ははは」釣れますなー。

いわな3

当然、全部ドライ。全てパラシュート。こんなザッパなフライでよく釣れるもんだ。魚のフライの出かたは、流石に鋭いことはないが、喰いきれないし、喰い外しが多い。なんとか掛けると、ズッシリ竿に手ごたえがある。この重みがたまらん。「ピシッ」ときて「ガツン」だ。

いわな4

村の灯が見えてきたので止めることにする。上に堰堤が見える。橋を渡ると花が植わっている。近所の人が植えたものだろう。キレイなので撮っとく。なんの花かー。

はな

明日も休み。何処行こっかなー。
スポンサーサイト

| Fishing | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/53-b47434ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。