PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Gourmetという呪縛

french1

ハズカしいです。


何時ものように、何処で何喰った的などうでもよいグルメネタをアップしようとして、思いとどまった。さっき読んでた文庫本「玉ねぎフライパン作戦」の解説(太田和彦)を読んだからだ。まぁ、解説なので著者の椎名誠を賞賛する類のことが書いてあるのだけど、所々にグルメの不毛さやそれにまつわるメディアに関する痛烈な批判がある。居酒屋評論家たる氏の庶民派的毒舌なのかもしれないが、とある大文士の話として(そのまま引用)

french2

「私はグルメではない、ただの食いしん坊だ」と逃げ場をつくって始めながら「どこそこの小料理屋は、存外気の利いたものを食わせる」と続く。「食わせる」と乱暴に書くところがすでに見下した態度で・・・・・・・。と書いてあるのだ。この文士家。多分、時代小説の大家、某氏です。そして、その作家、僕は結構好きだったりしたから、尚のことドッキリした。

french3

結論として、接待やおき着せで「おいしい仕事」をしている食通大作家の食い物エッセイより、自分の嗅覚と身銭を払って不味ければ「コンチクショウ」と言い、旨ければ「ウメー!」を連発する椎名誠の方が潔いと言っているのだろう。

french3

本文中、椎名誠も言っているが、日本グルメブームのブキミさを、自分でも薄々感じている。東京のラーメン屋にできる不可解な「行列」。そして、そういう店に嬉々として並ぶ暗い目をしたラーメンオタク。グルメ番組と言いながら、「旨い」を表現するのに小学5年生程度の語彙力しか持ち合わせないタレントを起用する、アホテレビ局。そうだ。文中にあったが、男が本当に旨いものと出合った時は、黙るしかないのだ。とあったな。「むむむ」

付け加えなくて良いコトだが、個人的にブログのグルメネタの中で、自分が行った飯屋のことを「~さん」とよんでいるブログ作者はクソだと思う。
スポンサーサイト

| Gourmet | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://tsaku2k.blog102.fc2.com/tb.php/73-ef06c9f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。